2004年10月28日

欧州人権条約の国内効力

連邦憲法裁判所第二法廷、2004年10月14日判決は、欧州人権裁判所の判決のドイツ国内効力について判断した。

事実関係:ある家族法事件(子供の親権に関する争い)では、欧州人権裁判所が憲法意義の原告の主張を支持する判決を下した。しかし、その事件を担当した高等裁判所は、欧州人権裁判所の判決はドイツ連邦共和国を条約当事者として拘束しているが、裁判所を拘束していない、との考え方を示した上に、異議者が敗訴する判決を下した。連邦通常裁判所は、憲法異議を認め、以下のように説明している。

① 確かに、欧州人権裁判所の判決は、ドイツ国内裁判所を直接拘束するものではない。また、刑事訴訟では1998年以来、欧州人権裁判所の判決が再審理由となっている場合を除き、確定判の既判力を破る理由にはならない。② しかし、ドイツ憲法は「国際法に開かれている」「国際人権基準を尊重する」構成を採っている。③ そのため、欧州人権条約が国内連邦法律と同様のランクであるが、国内裁判所は欧州人権裁判所の判断を最低限でも検討し、その判断に従うことができない場合(例えば、欧州人権裁判所手続きでは当事者にならない相手当事者の人権保護のために不可欠である場合)、その理由を説明しなければならない。④ 本件高等裁判所判決が欧州人権裁判所判決を無視した点は、憲法6条(家族に関する人権)を侵害する。

Posted by Karl-Friedrich Lenz to German Law at 14:13 | TrackBack (0)

2004年10月13日

「紫」商標

連邦通常裁判所第1法廷10月7日判決

事実関係:原告は、チョコレート製品を販売している企業。「紫」を商標として登録したが、競争相手が商品の包装に紫を基礎色として使ったところ、原告が商標侵害を主張して本件訴訟を提起した。

裁判所の判断:本件商標が有名であるため、混合のおそれが生じる。商標侵害を認める。
検討:色には限りがある。様々な色について様々な企業が商標を登録できれば、合法的な包装が不可能となる。

Posted by Karl-Friedrich Lenz to German Law at 12:04 | TrackBack (0)

2004年10月11日

犯罪被害者補償金

委員会の司法協力担当総局は犯罪被害者補償金に関する新しい指令について報告している

この指令2004/80は、2005年まで全加盟国で補償金制度の導入を要求している。さらに、被害者が行為地と別な加盟国で住んでいる場合、自分の住んでいる加盟国で補償金を申請できるようにしている。

Posted by Karl-Friedrich Lenz to European Law at 12:40 | TrackBack (0)

2004年10月06日

著作権法改正法案

法務省の2004年9月27日草案。2001年のEU段階指令29/2001を受けて、2003年秋に指令実施のために必要な改正が既に行われた。今回は、そのときに議論が尽くされていない点に関する提案。具体的内容の一部:

① 私的使用(53条)の範囲について。2003年には「明らかに違法に作成された複製物」が対象外となったが、今回は更に「または公表された」場合も対象外となる。P2Pによるインターネット公表が多くの場合に私的使用の対象外となる。

② 逆に、私的使用を電子権利管理(DRM)に対しても実施できる権利を提案していない。

③ 罰則(第106条)では、小規模の違法私的使用が対象外とされた。そのため、多くのインターネット関連の著作権侵害が犯罪でなくなる。但し、何百曲も違法に音楽データを取り寄せた場合、「小規模」とはならないため、インターネット関連の全ての案件で犯罪がなくなるわけではない。

④ 電子権利管理で著作物を技術的に複製から保護する場合、著作権管理事業者が徴収す
る収益から配当を請求できない(第54g条第2項第2文)。著作権は保護を諦めて、一括清算制度に参加する選択肢と、保護技術を使って著作物の違法複製を阻止する選択肢から選ぶ必要が生じる。

Posted by Karl-Friedrich Lenz to Copyright at 14:05 | TrackBack (0)
著者

Dr. Karl-Friedrich Lenz
青山学院大学教授
Homepage
郵便: 〒150-8366 渋谷区
渋谷4-4-25
青山学院大学法科大学院
著作

Elementare Grundlagen des Go-Spiels
Grenzen des Patentwesens
Lernstrategie Jura
Zuk�nftiges Recht
Links
Lenz Blog
Lenz Blog German
Wiki


英語Blog

Bag and Baggage
Jack Balkin
John Battelle
Stefan Bechtold
Berkeley IP
Boing Boing
Andreas Bovens
Commons-blog
Copyfight
Creative Commons
Dennis Crouch
DM Europe
Digital Consumer
Maximillian Dornseif (1)
Maximillian Dornseif (2)
EFF Deeplinks
Eldred Act Blog
Emerging Technologies
Europunditry
Eurosavant
Seth Finkelstein
Frank Field
Freedom To Tinker
Michael Froomkin
German American Law Journal
Dan Gillmor
Google Weblog
GrepLaw
GrokLaw
Kevin J. Heller
Axel H. Horns
IPKAT
Joi Ito
Andis Kaulins
Dennis Kennedy
Jerry Lawson
Legal Theory Blog
Lessig Blog
Matt
Ernest Miller
Stephen M. Nipper
Open Access News
Sabrina I. Pacifici
John Palfrey
Paper Chase
PFF IPCentral
Bruce Schneier
Seth Schoen
Walter Simon
Derek Slater
Richard Stallman
Stanford CIS
M. Claire Stewart
Aaron Swartz
Trademark Blog
Transblawg
Siva Vaidhyanathan
The Volokh Conspiracy
Kim Weatherall
Dave Winer
Yale LawMeme

ドイツ語Blog

FFII Swpat Mailinglist
German American Law Journal
Alexander Hartmann
Michael Heng
Institut f�r Urheber- und Medienrecht
Sascha Kremer
Rainer Langenhan
Ostermaier/Trautmann
LAWgical
Schockwellenreiter
Udo

日本語Blog

Joi Ito
Larry Lessig
Makina
Kiichi Okaguchi (1)
Kiichi Okaguchi (2)
Hisamichi Okamura
Patent DJ
Patent Salon
The Trembling of a Leaf

EU Law

Eur-Lex
Council
Commission
Court of Justice
Parliament
EDRI
Japan Delegation
外務省
EUJapan Centre
日欧産業協力センター
US Delegation
EUbusiness.com
EUobserver.com
Statewatch
Google News
Berkeley
東北大学
入稲福 智

German Law

連邦官報
連邦憲法裁判所
連邦通常裁判所
連邦政府
連邦法務省
連邦議会
JIPS
Jurawiki
ドイツ大使館
外務省
Spiegel
FAZ
ZEIT
FITUG Debate

分類
Copyright 2
European Law 36
Everything Else 2
German Law 44
Internet Law 2
Legal Information Literacy 14
Patents 3
検索


過去書き込み
2004年10月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
最近の書き込み
欧州人権条約の国内効力
「紫」商標
犯罪被害者補償金
著作権法改正法案
CELEX無料
戦争犯罪に関する連邦通常裁判所判決
旅客機撃墜法
リンクに関する責任
閉店法と平等
Cottbus区裁判所でP2P有罪判決
Trackbacks
欧州憲法草案におけるカトリック・ロビーの圧力

著作権

全ての権利を留保する。

この著作物の複製を
他人に転送すること、
自分のホームページ
またはブログに反映すること、
BBSおよびP2Pネットに
掲載することを歓迎します。
但し、私の名前を外したり、
または著作物を編集したりは
しないでください。
営利目的の利用は
個別な許可を必要とする。
Powered by
Movable Type 2.51